GoProHERO8発表!GoProHERO7との比較、進化したポイントを紹介!

ガジェット

GoProHERO8とGoProHERO7を比較、進化したポイントを紹介をします。

GoProは、軽量コンパクト、防水の全天候対応のアクションカメラです。GoProHERO8は 2019年10月1日に発表された、

最新のGoProになります。

GoProHERO8をGoProHERO7と比較、進化したポイントを紹介します。

 

➀サイズは一回り大きくなりました。

大きくなったのには理由がありまして、マウント部分が本体に付属されたからです。

以前の機種はサードパーティ(本体ケース)、をつけないとカメラ本体を(GoPro7)、を固定できなかったんです。

ケースをつけると、GoPro8より大きくなってしまうので、GoPro8は実質コンパクトになったと言えるでしょう。

 

②価格はGoProHERO8の方が1万円高い。

GoProHORO8 価格:「50,800円」 発売日は10月14日から発送、アマゾンは10月25日から。

GoProHERO7は約1万円の値下げになりました。

GoPro公式ホームページから購入すると、SDカードが無料で貰えるのでお得ですよ!

③ 3種類のモジュラーが搭載でき撮影の幅が広がった。

メディアモジュラー

高性能ショットガンマイク搭載で集音性がアップ、音がクリアになった!

 

デイスプレイモジュラー

自撮りに便利、YouTuberにおすすめのアイテム!

 

ライトモジュラー

夜間撮影の強い味方、GoPro8専用のLEDライトのなります。

GoProマウントは単体でも使えます。

 

3種類あり、2019年12月に予約注文受付です。

 

④手ぶれ補正機能が更に進化した。

HyperSmooth 2.0搭載で、手ぶれ補正機能が更に強力になった!

今回の改良の目玉になります。走ったりした時に、バツグンに効果を発揮します!

⑤折りたたみ式フレームマウントが搭載。

固定の際は、余計な部品を持ち運ぶ必要が無く楽、サードパーティをなくす心配もない。

⑥本体前面にマイクが搭載され、集音性がアップした。

GoProHERO8はフロントにマイクが1つ追加されました!

個人的に1番うれしいポイントです!

GoPro7でもマイクは改良され良くなりましたが、でもそれがくすむくらい、8のフロントマイクのおかげで音が良くなりました!

 

⑦フリーズが無く安定している。

GoPro7お使いの方で、使用中のフリーズしてしまい、バッテリー抜いて再起動させたり、なんて事になってしまっている方結構いるのでは・・

SDカードとの相性に問題があるようなのですが、GoPro8はそれが解消されました。

 

SDカードは大容量のカードを使用するより、64GBを数枚運用した方がフリーズは起きにくいですよ。

64GBのSDカードがおすすめです。

 

⑧電源オン時の起動速度がGoPro7よりも速い!

1秒程度速くなっただけですが、撮影するタイミングは、いつ何時起こるかわかりませんからね。この少しの差は重要です。

 

まとめ

GoProHERO8の性能は、GoProHERO7と比べ、大きく進化したような印象はありませんでした。

 

GoPro7をお持ちの方でコレと言った不満の無い方は、とくに買い換えの必要はないです。

 

走ったり、自転車に取り付けたり、アクティブに使いたいと言う方にとっては、

うれしいアップデートになっていると思います。

 

 

今回のアップデートは、GoProPro8独自の、モジュラーとの組み合わせが進化したポイントになるのではないでしょうか。

12月に発売されるモジュラーも、用途に合わせ運用するのも楽しそうですよね!

 

以上GoProHERO8とGoProHERO7を比較、進化したポイントを紹介をしました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

公式

ホリデーセール – HERO8 Black カメラの割引 & バンドル | GoPro


 

コメント