Umi ソケットレンチセット ラチェットレンチ 差込角6.35mm(1/4″) 六角ソケット ラチェットハンドル 14点組 開封フォトレビュー

サンバー整備記録

当ページはプロモーションを含みます。

はじめに

皆さんこんにちは。いよっちです。

今回は、ソケットレンチセット ラチェットレンチ 差込角6.35mm(1/4″) 六角ソケット ラチェットハンドル 14点組 を購入したのでご紹介いたします。


購入経緯

車の整備のために購入。Amazonベーシックのトルクレンチを購入の際、ソケットが付属していない商品なので、Umi ソケットレンチセット一緒に購入した。


関連記事
アマゾンベーシック トルクレンチ 2.5~15 Nm 開封フォトレビュー
トルクレンチ 2.5~15 Nm アマゾンベーシック レビュー

スペック

 

特徴

  • 【セット内容】差込角6.35㎜(1/4インチ)のツールセットです。クイックリリースラチェットハンドル×1、75mmエクステンションバー×1、ソケット12pc(4、4.5、5、5.5、6、7、8、9、10、11、12、13mm)。

  • 【材質】ソケット及びハンドルの材質は錆ににくい高品質なCrvです。完全的に熱処理され、耐久性を実現しました。

  • 【特徴】ラチェットハンドルはクイックリリースのデザインで、ソケットの脱着はボタンを押すだけで簡単にできます。作業中に手が当たりにくいようにハンドル部はオフセットされています。72山ギアを採用しており、細やかな動きが可能で狭い場所での作業は抜群です。

  • 【使用場面】各種ボルト・ナット・ネジの締付け、緩め作業できて、車やバイクなどのメンテナンス用、自動車業界に基本的な工具です。機械などの点検や補修工具としても一般産業に広く使用されています。

  • 【ソケットホルダー付き】簡単にソッケトを取外せ、確実にソケットを取付けられます。紛失防止し、携帯と保管しやすいです。

開封

外箱。

 

プチプチでしっかり梱包されていた。

 

4㎜~13㎜のソケットが12個と75㎜のエクステンションバーが1本付属している。

 

手に持ったサイズ感はこんな感じです。

 

裏側。

 

6角タイプ。

 

差し込み角は6.35㎜。

使用方法

丸いボタンを押しながらソケットを着脱します。

 

黒いつまみを右に設定すると反時計回りに回転させることができます。左に設定すると反時計回りに回転します。

 

エクステンションバーを装着させてみます。

 

車のエンジンルーム内などの狭い場所で、ラチェットハンドル本体が車体パーツに干渉して操作しづらい時に使う便利な道具です。ラチェットハンドルもコンパクトサイズなので扱いやすい。

 

ネット上の声

カーメンテナンスの為に購入、価格も安くサイズもソコソコ揃っているので電装品の着脱に重宝しております。これまで、ヘッドライトバルブ交換時のバンパー着脱や、点火プラグ交換時のイグニッションコイル着脱等に使用しましたが、なにしろ、軽のワンボックスなので、スペースが狭く、短いラチェットで正解でした。確かに高トルク作業向きではありませんが、軽作業でしたら十分だと思います。

 

レンチ各サイズヘッド部分は本体のボタンを押すことで容易に着脱できます。着装後は外れず、交換時にはボタンを押すことでロックが外れ即脱装します。説明書きがないので当初は強い力でヘッドを押し込み装着したものの、脱装時には強い力で引っ張るも脱装出来ず困り果てていると、ボタンが目に留まり押すと簡単にヘッドが脱装できました。当初苦労したので、その便利さを強く感じます。今まで使用していた工具は、ある程度の力を込めて押し込み、引っ張ることで脱着するタイプでした。是非、説明書を同封願いたい。

 

ポイント

・【良い点】

ソケットがたくさん揃っている。

お手頃価格。

ホルダーケースにコンパクトにまとめられており、思っていた以上にしっかりホールドされていたので、そのまま収納ケースとして持ち運びできます。

 

・【いまいちな点】

説明書がない。

初めて触る方はソケットの着脱に戸惑うかもしれません。本体上部の丸いボタンを押しながらソケットを抜き差しします。

 

まとめ

・しっかりした作りで普通に使えます。

・差込角6.35㎜(1/4インチ)。

・付属品のソケットがたくさんあり便利。

12pc(4、4.5、5、5.5、6、7、8、9、10、11、12、13mm) 75mmエクステンションバー×1

 

・着脱ボタンを押しながらソケットを差し抜きします。ボタンを押しながらソケットを差し抜きしないとと着脱できない構造になっている。

 

気になった方はチェックしてみてください^^


 


最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント